風俗にまつわる面白い体験談、恐ろしい体験談をご紹介!

高い勉強料と教訓

次の仕事までの空き時間に・・・

以前出張で関西に行った時のことでした。
その日は午前中の商談があまりに短く終わってしまって次の仕事まで数時間空いてしまいました。
街をブラブラ暇をつぶしていると、どこかで道に迷ったか静かな住宅街に出てしまいました。
引き返そうと歩いていると、その一角にヘルスだかピンサロだかお店があります。
一時間ぐらいなら余裕で遊べると思ったので勇気を出して凸、そこからがケチのツキハジメでした。

知らない土地ならではのなるようになれ感

階段を降りて行くと中年のおばさんが出迎え、早い時間なので客はいないようでした。
まず席に案内されておしぼりと飲みものが出てきました。
内容を聞くとヘルスと同じ感じでしたが、席ごとに仕切りがないので店内はピンサロみたいなものです。
ピンサロはあまり得意でないので失敗したかなと思ったのですが、何しろ客は来なさそうなのと、知らない土地だからまあ旅の恥はかき捨てと思って遊ぶことにしたのです。

おばさんは若い娘がすぐ来るからと言い残して去って行きましたが、すぐに戻って来て言いました。
『あなた東京の方?大阪の風俗は初めて?』
今思えばそこで充分怪しかったのですが、どうやら後で考えると土地勘が無いので騙しても大丈夫だろうということだったんでしょうね。

何かの間違いであってくれ・・・

それからしばらく話に付き合いますが、一向に若い娘なんて出てきません。
まさかこのおばさんが相手?最悪だなあと思ったので、この後どうしようかと考えます。
ちょっとトイレいいですか?と言って席を外しました。
トイレの横にはカーテンで仕切られた控え室があり、カーテンの下から大きな男性の足が覗いてました。
白いエナメルの靴、どう考えても堅気じゃない人の靴です。

高い勉強料と教訓

これで金払わず帰ろうとしたら多分この人が出てくるな、とっさにそう思いました。
席に戻りおばさんにお腹痛いから帰るけど、基本料金だけ払いますと言ったら、渋い顔で了承されました。
見送られて階段を逃げるように駆け足で駆け上りました。
何だかんだでおばさんのくだらない話にだけ付き合わされて確か1万円取られたんですが、まだ一万円で済んで良かったかもしれませんね。
もう知らない店には行きません!

INTEREST STORY
結構気になっちゃうみんなの風俗体験談はこちらから

関連記事